シャクナゲに会いに

地元加賀市の「蟹の目山(がんのめやま)」です。平野部から見る山の形が台形で、昔は山の両端に大きな木が1本づつあったので蟹を正面から見た形に見えたという事から付いた名前の様です。
シャクナゲが有名な山ですが、まだ時期が少し早かった様です。大好きなイワウチワの群生が頂上近くで見られ、感激でした。
c0110510_0211250.jpg
他に、イチリンソウ、ニリンソウ、エンレイソウ、ケマンソウなど多くの花が楽しませてくれました。
c0110510_0242983.jpg
シャクナゲはこれから見頃を迎えそうです。
[PR]

by hakusan_2702 | 2008-04-26 22:00 | 山ある記